虫歯

虫歯について

酸蝕症からくる虫歯

人間の体の中で、もっとも硬い歯の表面はエナメル質です。しかし「酸」に弱いという弱点を持っています。酸によって歯の表面が溶けたり欠けたりして虫歯や知覚過敏などを引き起こしやすくなることを「酸蝕症(さんしょくしょう)」と言います。近年は食生活の変化により、清涼飲料水など酸性の強い食品を習慣的に摂取する傾向があり、酸蝕症の患者さんは増えています。

虫歯かも?

エナメル質が変化して歯の尖端が透明化すると、硬度が低くなり、歯が欠けやすくなります。詰め物のまわりのエナメル質が溶け出すと、虫歯の原因となります。気になる症状がある方は、どうぞお早めにご相談ください。

▼こんな症状は、一度当院で検診を受けてみてください

  • 冷たいものや熱いもの甘いものがしみる
  • 歯が時々痛む
  • 舌でさわるとザラザラする
  • 食べ物がよくひっかかる
  • 歯の尖端が透明になる
  • 詰め物がとれる

虫歯の治療について

早い段階で虫歯が発見できれば、もちろん治療も軽くすみません。症状に個人差はありますが、痛い!と感じてご来院される方は、C2以上に進行していることが多いです。

虫歯の進行

辛い治療を避けるためにも、違和感を感じた時には一度ご相談にいらしてもらえたら幸いです。

また、症状が出る前に歯科検診へご来院いただく方の場合は、C0やC1など早期で発見できることが多いです。早期発見ができれば、予防処置を行い虫歯の進行を止めることができます。また、たとえ治療になったとしても軽く済みます。
歯科検診の詳しくはこちら>>

白い歯の被せ物

被せ物の治療になった時には、保険診療で行うものから自由診療の素材まで取扱っております。白い被せ物=自由診療と思っているかたもいらっしゃいますが、対象の歯に限り保険診療で行えるものもございます。

▼保険診療のCAD/CAM冠ハイブリッドレジン

保険診療となる白い被せ物は、歯科用CAD/CAMシステムを用いたハイブリットレジン冠となります。色は銀歯ではなく白く仕上がります。金属を使用していないため、金属アレルギーが心配な方にもご利用できます。

保険診療となる歯

■対象の歯

  • 上、下の4番・5番の歯
  • 下の歯の6番の歯 ※7番の歯が上下4本とも残っている場合のみ

※金属アレルギーの方は、上下4~7番の歯が対象となります。ただし、金属アレルギーを証明する診断書が必要となります。

▼セラミック治療

その他の白い被せ物としては、セラミック素材を使った白い被せ物をご提案しております。詳しくはご相談ください。

上矢印
ページ先頭へ
↑上に戻る