虫歯・歯周病

虫歯・歯周病について

虫歯・歯周病の治療

一般的な虫歯、歯周病の治療を行います。進行した虫歯治療の際は、しっかりと歯の根っこの治療を行ってから被せものを入れていきます。歯周病は歯肉の状態を改善させていきます。一般診療に限らず、全ての治療は患者様とのお話合いの上、治療内容をご理解いただいてからスタートします。

症状によっては、相談しづらいこともあるかと思いますが、診療は患者様と私達と歯の現状とこれからの診療方針を共有するところから始まります。女性歯科医師がしっかりとサポートしますので、お口に関することなら、お気軽に何でも相談して下さい。また当医院ではレーザー照射を用いる事で歯の殺菌や消毒をし、治癒を早めることができます。

▼こんな時は、一度当院で検診を受けてみてください

虫歯かも?

  • 冷たいものや熱いもの甘いものがしみる
  • 歯が時々痛む
  • 舌でさわるとザラザラする
  • 食べ物がよくひっかかる

歯周病かも?

  • 歯磨きの時、出血しやすい
  • 歯ぐきが下がってきたように思う
  • 歯がグラグラする
  • 歯ぐきが腫れることがある

虫歯の治療について

早い段階で虫歯が発見できれば、もちろん治療も軽くすみません。症状に個人差はありますが、痛い!と感じてご来院される方は、C2以上に進行していることが多いです。

虫歯の進行

辛い治療を避けるためにも、違和感を感じた時には一度ご相談にいらしてもらえたら幸いです。

また、症状が出る前に歯科検診へご来院いただく方の場合は、C0やC1など早期で発見できることが多いです。早期発見ができれば、予防処置を行い虫歯の進行を止めることができます。また、たとえ治療になったとしても軽く済みます。
歯科検診の詳しくはこちら>>

白い歯の被せ物

被せ物の治療になった時には、保険診療で行うものから自由診療の素材まで取扱っております。白い被せ物=自由診療と思っているかたもいらっしゃいますが、対象の歯に限り保険診療で行えるものもございます。

▼保険診療のCAD/CAM冠ハイブリッドレジン

保険診療となる白い被せ物は、歯科用CAD/CAMシステムを用いたハイブリットレジン冠となります。色は銀歯ではなく白く仕上がります。金属を使用していないため、金属アレルギーが心配な方にもご利用できます。

保険診療となる歯

■対象の歯

  • 上、下の4番・5番の歯
  • 下の歯の6番の歯 ※7番の歯が上下4本とも残っている場合のみ

※金属アレルギーの方は、上下4~7番の歯が対象となります。ただし、金属アレルギーを証明する診断書が必要となります。

▼セラミック治療

その他の白い被せ物としては、セラミック素材を使った白い被せ物をご提案しております。詳しくはご相談ください。

歯周病の進行について

歯周病の進行

歯周病の軽度の段階では、プラークによって歯ぐきに炎症が起こり、歯ぐきが腫れてます。進行すると、歯と歯ぐきの隙間が深くなり、歯周ポケットという溝ができます。溝ができると、その中に歯周病菌が増殖して炎症が進みます。

炎症が進行すると、歯を支えている歯槽骨や歯根膜などが破壊されていきます。そして、最終的には歯を支えている歯槽骨が溶け出して、歯が抜け落ちるという結果をまねいてしまうのです。

歯茎からの出血や腫れたなど、炎症に気が付いた方はお早めにご相談いただければと思います。

上矢印
ページ先頭へ
↑上に戻る